静岡県富士市・田子の浦漁港のマダイ・タチウオを中心とした釣り船【隆眞丸】

マダイについて

  • HOME »
  • マダイについて

※現在隆眞丸ではマダイ釣りについて、仕立ておよびマダイ漁同伴の相乘りにて承っております。

マダイという魚

マダイは、船釣りをされた方はご存知でしょうが大変警戒心が強く、対象魚としては難しいお魚といわれています。

コマセ釣りは文字どおりコマセカゴに餌を入れておびき寄せて釣るのですが、アジやサバはカゴから2メートル下に針を付けても釣れます。しかしマダイはカゴが視線に入ると近づいて来ないので通常は10メートル下に針を付けます。船の上でそれだけ長い仕掛けをさばくのは初心者にとっては至難の業です。慣れてしまえば決して難しくはありませんが。だからこそ、釣ったときの喜びはひとしおで小気味の良い引き・コバルトブルーに光るアイシャドー・独特の香りそして食味と釣り人を魅了しています。

隆眞丸のポリシー コマセマダイ釣りに関して(6月~9月を除く)

DSC_0096[4]
マダイは、船釣りをされた方はご存知でしょうが大変警戒心が強く、対象魚としては難しいお魚といわれています。

マダイを釣るには基本的なテクニックは必須です。それは「棚とり」です。私は釣り客としても長い間釣り人を見てきましたが、これが出来ていない方が意外に多いと感じています。
後にも述べますが、コマセ釣りは全員棚を合わせないとならず、一人でも大きく棚がぼけると乗船者全員が釣れません。魚探を見ていると二枚潮で無い限り、全員のコマセカゴが映ります。よって、棚取りが完璧に出来ない方が乗船されると全員の釣果が優れません。せっかく乗船されるのなら、全員が型を見て欲しいものです。
よって隆眞丸は、マダイ船の際はしばらくの間「仕立て」の形態をとります。仲間同士でベテランが初心者にレクチャーするも良し、棚取りに自信がなければお一人様でも練習を兼ねて船長と一緒にマダイ漁に相席乗船するも良しです。ただし初心者だけでのご乗船の際は、行き届いたサービスを提供できませんのでお二人までとさせていただきます。なお貸し道具もございますので、お気軽にご相談ください。

 

乗船のルール コマセマダイ

DSC_0126「棚取り」は重要です。常にずれるリールのカウンターではなく、道糸の色を覚えて棚取りができるようにしましょう。道糸が1mでも高切れしていたら、最低でも100mは巻き直してきてください。漁場は平坦な場所は少なく、起伏が激しいので1m刻みで棚取りを行います。

また、ハリスは一枚釣ったりフグなどの餌取りですぐに傷付いたりしますから、手返しの都度痛んでいたら「内掛け結び」で結び直せるよう、日々訓練して下さい。わずか数回のチャンスを逃さないために。

また、資源保護の観点から25cm以下のマダイはリリースをお願いします。

コマセマダイの仕掛け

竿:30号 マダイ用軟調竿

リール:PEライン4号~6号200m巻けるもの(電動が望ましい)

仕掛け:コマセかご 80号直径5㎝以内、マダイ用天秤、クッションゴム2㎜ 1m、ハリス:3号&4号 10m、マダイ針9号

魚を美味しく持ち帰るために

72d3e4e525ec7d38fa0f776965f74863_s - コピーせっかく苦労して釣った魚も処理を怠ると台無しになってしまい残念なばかりでなく、魚にも申し訳ありません。クーラーやスチロール持参はもちろんですが、マダイは骨がたいへん硬く出刃包丁でおろせない方もいらっしゃいますので、その際は遠慮なくお申し付けください。下船後に三枚におろしてさしあげます。釣りに慣れてきたら、ご自分でさばけるように練習すれば良いのです。

TEL 090-7852-6500 通常は一本釣り漁にでておりますので、お問合わせ・ご予約は14時~20時までの間にお願い致します

当船はAEDを搭載しております。

各種クレジットカードご利用希望の方はご予約時にその旨お申し付けください。


VISA、MasterCard、SAISON、JCB、American Express、Diners Club、Discover Coineyでクレジトカード決済
PAGETOP
Copyright © 隆眞丸 All Rights Reserved.